前歯のオールセラミッククラウン

口元の様子

当院のオールセラミッククラウンの症例集

審美歯科におけるセラミック治療で代表的な方法が、セラミッククラウンによるかぶせ物です。
ここでは、当院で扱っている代表的なセラミックのかぶせ物について紹介してきます。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン
▲オールセラミッククラウン

内側から外側まで全てセラミックで出来たクラウンです。

冠の内側に金属を使わないので、メタルボンドより透明感があり、
金属アレルギーの方に最適です。

当院では、ジルコニアや最近話題のセラミックシステム「e.max(イーマックス)」素材を使用し、オールセラミッククラウンによる修復を行っています。

ジルコニア

ジルコニアオールセラミックスクラウン
▲ジルコニアクラウン

ジルコニアを内側に使用したジルコニアオールセラミックスクラウンは、金属のしなやかさと強度の両方を兼ね備えている新しい材料として近年普及が進んでいます。

酸化ジルコニウムの素材で、金属のような強さを持ち、腐食することがなく生体親和性の高い歯冠修復材料として、歯科医療でも日本国内においては2005年に認可がおり、ジルコニアでオールセラミッククラウンの内部を作ることができるようになりました。

e.max(イーマックス)

e.max
▲e.maxシステムの素材ブロック

e.maxシステムで作られるセラミック技工物の素材は「二ケイ酸リチウムガラス」という素材で出来ており、近年、ジルコニアと並んで注目されている人気の高い素材です。

当院では主に、奥歯の詰め物の治療(セラミックインレー)やラミネートベニア、奥歯のオールセラミッククラウンにおいてこのe.maxシステムを導入しています。

メタルボンドクラウン

メタルボンド
▲内側が金属

金属のキャップにセラミックを焼き付けたものです。歯の透明感が再現しやすく、変色しません。

オールセラミッククラウンが世に登場するまでは主流となっていたセラミッククラウンの一つです。歯の土台にピッタリとフィットするため、今現在でもよく出ているクラウンです。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン
▲ゴールドクラウン

金を使いますので、白い歯にはならないので審美歯科の部類には入らないのですが、良く出る素材なのでご紹介いたします。

材料は金合金(20K)で強度が高く、歯に良くフィットします。保険の金属に比べ、腐食しにくく、噛みあわせの強い方には有効です。金属色なので、見た目が気になる所には不向きですが、見た目の点を除けば、金は大変優良な材料と言えます。

神経を取った歯、変色した歯に対して

ファイバーコア

ファイバーコア
▲左:ファイバーコア

ファイバーポスト素材で作られた歯の土台です。神経が死んで黒くなったり過去の虫歯治療で神経がない方は、この土台が必要になる場合があります。

ハイブリッドクラウンやオールセラミックスの支柱に用いることで、より天然歯に近い歯に見せることができます。材料の特性により、装着後に歯の根が割れにくくなります。

ブリッジ

ブリッジ
▲セラミック製のブリッジ

セラミックのかぶせ物は、上記のような素材を用いて、連結したかぶせ物、いわゆるブリッジにも応用されます。

ブリッジの調子がよくない、見た目がキレイでなく満足されない、等の方はセラミックのキレイなブリッジのやり変えを行っております。

以上、セラミッククラウンは、歯やお口の状態により、人それぞれ治療方法が異なります。
まずはお口の中を拝見、診断しまして、その方に合った最善の治療方法を選択いたします。
お気軽にご相談ください。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
用賀デンタルオフィス

03-3700-1181火~金10時~19時 土日10時~17時 休診:月曜・祝日
  • 診療予約
  • カウンセリング予約
  • お問い合わせ

電車 東急田園都市線「用賀駅」北口徒歩1分
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-9-25

診療時間

土日はAM10~13時 / PM14~17時

最寄り駅:東急田園都市線・用賀駅北口徒歩1分