当院でのインプラントの症例

前歯のインプラント

その他、当院のインプラント症例実績についてはこちら

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントとは歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、噛む機能を回復させる治療法です。
顎の骨に直接埋め込むことで、天然の歯と同様に健全な咀嚼(そしゃく)運動(噛み砕き、飲み込み)が出来るようになります。

インプラント治療のメリット

  • 自分の歯のようにしっかり噛める
    自然の歯とほぼ同程度の力で噛むことができます。
  • ストレスフリー
    歯を失った事による食べ物の制限、不快感などの解消につながります。
  • 食事が楽しめる
    噛む機能が回復しますので、バランスの取れた食事を楽しむことが出来ます。
    人目を気にすることなくお食事が楽しめます。
  • 違和感がない
    歯(人工歯冠)がしっかり固定されるので、入れ歯のような「すべり」や「ずれ」がありません。
  • 自然な仕上がり
    天然の歯との区別が難しいほど、綺麗で自然な仕上がりです。
  • お手入れが簡単
    入れ歯と比べて取り外したりする必要がないので、自分の歯のようにお手入れが簡単です。
  • 周りの歯への影響がほとんどない
    ブリッジのように土台がなく、入れ歯のようにバネもないので、周りの歯にはほとんど影響がありません。
  • 全身にも良い影響
    噛むことで顎の骨や脳の衰退の防止にもつながることも見込まれます。

このような方にインプラントがおすすめです。

入れ歯が合わないという方
▲入れ歯が合わないという方

  • 食事の時、しっかり食べ物を噛めない
  • 入れ歯が合わない
  • 見た目が気になる
  • 常日頃違和感がある
  • 入れ歯をし始めて料理がおいしくなくなったと感じている

インプラント治療に関して他院でご相談されて
「断られた」という方でも当院にご相談ください。

当院のインプラント治療が選ばれる7つの理由

理由1:無痛治療・静脈内鎮静法(麻酔医との連携)

理由2:即日・即時インプラントが可能

理由3:安全・確実な治療のためのガイドサージェリー

理由4:CT診断による安全に配慮したインプラント

理由5:高い信頼性のあるインプラントの使用

理由6:技工物への高いクオリティへのこだわり

理由7:衛生管理 滅菌・院内感染防止

理由1.無痛治療・静脈内鎮静法(麻酔医との連携)

理由1.無痛治療・静脈内鎮静法(麻酔医との連携)

当院では『痛くなく、怖くもなく、不安も感じない治療を受けて頂くこと』を追求しています。

インプラントを心配なさる理由の一つが治療中の痛み。
当院では歯科麻酔医と連携し、静脈内鎮静法での施術が可能です。
この方法によってリラックスした状態で治療することが可能になり
痛みや緊張感がなく、安全で快適なインプラント治療をお受けいただけます。

理由1.無痛治療・静脈内鎮静法(麻酔医との連携)

またそれだけでなく、温度調節や照明の調節、BGMの音量、香りなど施術時の環境にもこだわって、出来るだけ患者様がリラックスできる状態を追求しています。

⇒詳しくは、無痛治療・静脈内鎮静法のページをご覧ください。

この無痛治療・静脈内鎮静法は、開業以前から10年来の信頼できるパートナーである日本歯科麻酔学会専門医の藤原先生と連携して行っております。

Dr.藤原 広の紹介についてはこちら

理由2.即日・即時インプラント

理由2.即日・即時インプラント

条件さえそろえば、その日のうちに仮歯を同時に入れられるインプラント治療も行うことができます。当院では、治療中の見た目や食事の事を考慮した即日インプラントやオールオン4等の治療を行っております。

その日お帰り頂く際には、仮歯が入っている状態なので、『歯がない状態』をつくらない事で手術を行ったその日から普段通りの食事を行うことができます。患者様から大変好評をいただいている治療法となります。

              

理由2.即日・即時インプラント

通常のインプラント手術では、インプラントを埋入した後、骨の状態により冠やブリッジを装着するまで3ヶ月~半年間待つ必要がありますが、当院では以下のような治療法を用いて、即日・即時インプラントを可能にしています。

■フラップレスインプラント

条件があえば歯ぐきをメスで切らずにわずかな穴でインプラントを埋入できる、歯ぐきを切らない無切開法(フラップレスインプラント)を用いることで、即日インプラントを可能にしています。
既に豊富な臨床データがあり科学的・学術的な根拠に基づく治療法です。
切開する方法にくらべ、腫れや痛みが劇的に抑えられ、傷口の治癒も早いのも特徴の一つです。

■オールオン4

歯がほとんどない方への「オールオン4」という治療法を行うことが可能です。
治療期間1日で天然の歯と変わらない「義歯」を装着することができます。
部分的な歯に対するインプラント治療だけでなく、「歯が全くない」といった方に関しましても即日に義歯が入り、通常の生活に戻ることができます。

■抜歯即時インプラント

歯を抜いたと同時にインプラントを埋入する方法です。
虫歯や歯根破折など、周りの骨が十分残っている場合、この治療を行うことができます。

即日・即時インプラントについてはこちら

理由3.安全・確実な治療のためのガイドサージェリー

安全・確実な治療のためのガイドサージェリー
▲全体像

インプラントの治療計画シミュレーションから埋入までの一連のインプラント治療をより安全に行える画期的なシステム、「ガイドサージェリー」による診査診断が可能です。

分かりやすく言うと、コンピュータ上で3Dシミュレーション(バーチャル手術)を行い、どの場所にどれくらいの角度でインプラントを埋め込むかを正確に体験することができます。

              

安全・確実な治療のためのガイドサージェリー
▲埋入イメージ

従来のインプラント手術では、歯肉を切開してからインプラントを埋め込む位置や角度を確認しながら行っていました。そのため切開も大きくなり、術後の痛みが残り、術後の回復に時間がかかってしまうことがあります。
一方、ガイドを使う手術(ガイドサージェリー)であれば、最初から穴をあける位置も角度も正確に把握できるので、時間短縮となり、歯肉は最低限穴を開けるだけですので、患者さんに大きな負担をかけずに手術を行うことができます。

理由4.CT診断による安全に配慮したインプラント

理由4.CT診断による安全に配慮したインプラント

安全で適切なインプラント治療を突き詰めた時、どうしてもCTスキャンによる立体的な3D診断はかかせません。
アゴの骨の奥行きまで分かるため、インプラントを埋入するうえでの角度や深さ、血管や神経の位置を正確に把握することができます。

この事前検査を正確に行わないと、骨の状態によっては切ってみてから中止することになったり、正しくインプラントを埋入できずに再手術ということも起こりうるでしょう。

当院では、インプラントの事前検査にCT診断を行うことで、インプラントの中止や再手術などを高い確率で回避し、より的確な診断と安全な施術に努めています。

理由5.高い信頼性のあるインプラントの使用

理由5.高い信頼性のあるインプラントの使用

~世界No.1シェア Nobel Biocare社製インプラントのみを使用~

インプラント治療だけでなく、安心安全のために、使用する材料にもこだわっています。
当院では、世界で最も多い臨床実績を誇り、40年を超える臨床応用実績のある世界的一流メーカーであるNobelBiocare社製のインプラントのみを使用しています。
歯科インプラントを世界で初めて製品展開をした近代インプラントシステムのパイオニアです。

理由6.技工物のクオリティ(技工士紹介)

理由6.技工物のクオリティ(技工士紹介)

当院の審美歯科治療は、長年の技術と実績のある技術力の高い歯科技工士「PASHAデンタル代表 枝川氏」に製作依頼をしております。
歯科技工のテクニカルコンテストでも金賞を受賞した経歴のテクニシャンです。

審美歯科に特化した歯科技工士は「セラミスト」と呼ばれ、自然な色合いや質感をこだわって再現して製作するセラミストは、歯科技工士界の数パーセントにすぎないと言われています。

インプラントの上に被せる技工物も、歯科医師と歯科技工士が綿密な打合せを行い、精度が高く、しかも見た目にも美しい仕上がりにこだわっています。

⇒歯科技工士紹介についてはこちら

理由7.衛生管理 滅菌・院内感染防止

理由7.衛生管理 滅菌・院内感染防

歯科医院によって、衛生管理や院内感染防止対策には違いがあります。
インプラント治療は手術が必要となるため、患部に菌が入らないよう、他の歯科診療以上に滅菌レベルを上げて手術をしなければなりません。
つまり、他の診療以上に徹底した衛生管理が必要となってきます。

当院は、安心安全な治療をご提供できるよう、器具の滅菌レベルの引き上げ、術中の清潔域・不潔域の区別ドレープキットの適切な使用など、万全な衛生管理に努めています。

⇒詳しくは、衛生管理 滅菌 院内感染防止のページをご覧ください。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

①インプラント相談
お口の中を全体的に診査し、
必要に応じて、レントゲン撮影と歯型を採る場合があります。

インプラント治療の流れ

②精密検査
必要に応じてCT写真を撮影します。

インプラント治療の流れ

③1次オペ
実際にインプラントを植立します(もちろん日帰りです)。
下顎では2~3ヶ月、上顎では4~6ヶ月、骨と接合するのを待ちます。

④2次オペ
インプラントが骨と接合するのを待ってから、インプラント体を露出させます。
アバットメント(土台)と仮歯を製作していきます。

⑤完成
二次オペの傷口が治って歯を作製していきます。

インプラント治療の流れ

⑥定期メンテナンス
インプラント埋入後も良い状態を保つために
3ヶ月に一度定期メンテナンスにお越しいただきます。

インプラント治療を検討されている方へ(院長メッセージ)

インプラント治療を検討されている方へ(院長メッセージ)

インプラント治療についてどんなイメージをお持ちでしょうか?
「痛いのではないか?」「手術が怖い」「費用が高そう」など様々な不安がおありの方もいらっしゃるかと思います。

しかしインプラント治療は、基本的な人生の幸せを支えるための「お口の機能回復」として、もっとも「天然歯」に近い結果が得られる治療法です。
噛んだときの感触や噛みごたえが自分の歯に限りなく近い感覚になりますので、まるで自分の歯(第2の永久歯)のように不自由さを感じずに生活できるようになることがインプラント治療の最大のメリットと言えるでしょう。

あなたのインプラント治療に対する漠然とした不安をまずはお聞かせください。
義歯やブリッジといったほかの治療と比較してのメリット・デメリットをきちんとご説明させていただいたうえで、あなたに合った最適な治療方法をご提案いたします。
また、当院では可能な限り安心・安全な治療を行うために「無痛治療・静脈内鎮静法」や「徹底した事前のシミュレーション」「安全な施術のための衛生管理対策」など様々な取り組みを行っています。

私は「自分の家族にも自信をもって提供出来る治療しか行わない」をモットーに日々治療にあたっていますが、それはインプラント治療についても全く同じです。

若い頃から、きちんと口腔内をケアすることが一番大切ですが、残念ながら歯を失ってしまった方は、お気軽に当院でご相談ください。

あなたらしい笑顔、健康的で不自由のない楽しい食事生活を取り戻すお手伝い、つまりQOL(生涯にわたっての生活の質的向上)を考慮した治療のご提供をお約束いたします。

用賀デンタルオフィス
 
院長 蒔田 知也

インプラントよくある質問Q&A

治療期間はどのくらいかかりますか?
個人差はありますが、一般的に4ヶ月~6か月くらいです。
インプラントを入れる部位によって変わってきますので、詳しくは担当医にお尋ねください。
以前の自分の歯と同じように噛めますか?
インプラントはあごの骨でしっかりと支えられています。
そのため、自然の歯とほぼ同程度の力で噛むことができます。痛みもまったくありません。
入れ歯のように、取り外す必要もなく、自分の歯のように使用することが可能です。
インプラント治療は誰でも受けられますか?
顎の骨が完成する18歳前後からお年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。
ただし、妊娠中の方や全身疾患をお持ちの方などは、制限されることがありますので、ご相談ください。
治療費はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は自由診療となり、目安で1本31万円~です。
本数や使用する材料によって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ね下さい。
インプラントの治療後は?
インプラントを長持ちさせるためには、ご自身の天然歯と同じようにインプラントのお手入れを継続していく必要があります。
ご自身でのセルフケアと定期的なメインテナンスを繰り返して、ぜひ健康な状態を継続していきましょう。

インプラント料金表

インプラント1本31万円~

(a)アバットメント 50,000円 (a)+(b)+(c)
31万円
(b)インプラント体埋入手術
(フィクスチャー)
200,000円
(c) クラウン(人工歯 / 冠) セラミック:120,000円
ハイブリッド:60,000円 
カウンセリング・レントゲンなど簡易検査  3,000~5,000円
CT検査・シミュレーション 25,000円
静脈内鎮静法 30,000円~85,000円

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
用賀デンタルオフィス

03-3700-1181火~金10時~19時 土日10時~17時 休診:月曜・祝日
  • 診療予約
  • カウンセリング予約
  • お問い合わせ

電車 東急田園都市線「用賀駅」北口徒歩1分
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-9-25

診療時間

土日はAM10~13時 / PM14~17時

最寄り駅:東急田園都市線・用賀駅北口徒歩1分